ビジネスマナー研修の重要性

マナーを身に付けて出来る人に成ろう

電話対応は苦手でした

マナーの基礎を覗いてみる

研修や講習等受けた事が無いと、ビジネスマナーが具体的にどんな事なのかさっぱり解りません。
基本的な事を簡単に、ほんの一部紹介します。
きちんとした挨拶、身だしなみに言葉使い。時間の厳守。職務中の態度。デスクの片付け。
おはよう御座います。など当たり前の事はさておき、ビジネスでの挨拶や言葉使いは、はきはきと、尊敬語、丁寧語の使い分けをしっかりする事。
品物の高い安いでは無く、しわしわのシャツはダメです。頭髪の色も昔ほど言わなく成りましたが、派手過ぎるのはNG。
時間の厳守なんて言うまでも無い事。遅れてしまう事も有るでしょうが、早めにきちんとした連絡を。
職務中の貧乏ゆすりや腕組、足組。だらだらした態度なんて以ての外。欠伸も人には見せない様に!
デスク上や周りの整理は勿論、席を外す時のPC管理も忘れずしっかりと。

覚えて損はない名刺の交換方法

名刺は自分の分身と言っても過言ではありません。
アポ無し訪問した際、相手が不在でデスクに置かせて頂いたり、以前お渡しした方に再度お渡しする場合もありますが、初対面でお渡しする事が多いでしょう。第一印象もここで決まりますし、「あの会社は教育が行き届いて無いな」なんて会社自体の悪評価にも成りかねません。しっかり身に付けましょう。簡単に例をあげてみます。
テーブル等を挟んで行わず名刺入れを手に持っておく。
もたついたり、ポケットや財布から出すのはスマートではありません。
両手で差出す。
挌上者から順に、名刺入れを枕にして相手が取り易い様に。
交換の時は相手が差出した名刺よりも低い位置で出す。
両手で受け取る。
交換の時は両手で出した後、右手で渡して左手で受取ります。年長者や挌上者が先に受取る。
ロゴなどが隠れない様、気配りして受取ります。
直ぐにしまわ無い。
会話が終わり、離れてからにする。


この記事をシェアする